ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


ペットを飼う人が増える中トラブルも増加

犬の飼育数の増加とともにペット可の賃貸物件も増えており、それに比例してペットが原因のトラブルも急増しているようです。

これから賃貸で犬を飼おうと思っている人、犬とともに賃貸物件へ引っ越しを考えている人は、起こり得るトラブルを予測し、不安な点はあらかじめ排除しておきましょう。

ペット可の賃貸物件の種類

ペット可の賃貸物件は大まかに分けると2種類に分類できます。同じ「ペット可」でも、実際の住みやすさは大きく変わります。

ペット共生型物件

ペット共生型物件は、最初から「ペットと暮らすこと」を考えて設計されています。人とペットが快適に暮らせるように配慮されている物件です。

たとえば、部屋の防音設備や汚れても貼り換えしやすいクロス、散歩から帰ってきたときに汚れを落とせる足洗い場、一時的につないでおけるリードフックなど、便利な設備がたくさんあります。

最新の物件になると、グルーミング専用のスペースがあったり、屋上にドッグランを設置しているところもあります。

設備が整っている分賃料は割高ですが、この物件を選んで入居する人はペット好きな人ばかり。つまり、お互いに「持ちつ持たれつ」の関係を築きやすいと言えるでしょう。

ペット可の賃貸物件

部屋を探すために不動産を探していると「ペット可」と書かれた物件を目にすることがあります。とくに駅から少し離れていたり、築年数が古かったりする物件に多く見られます。

これらは、最初はペット不可だったものの、時代の流れとともに減っていく入居者を確保するために、途中からペットの受け入れを許可した物件です。

つまり、古くからの住人はペット好きな人ばかりではありません。また大家さん自身、ペットに詳しくないことが多く、トラブルを予測しきれません。

いざトラブルが起こったときでもルールがあやふやな場合、大きな問題に発展しやすいのです。では実際にどんなトラブルが起こり得るのでしょうか。

ペット可の物件で多いペットトラブル

ペット好きとペット嫌いが同じ敷地内に住んでいればトラブルが発生しやすくなるのは当然です。賃貸で犬などのペットを飼育したことで、どんなトラブルがあったのかを見てみましょう。

音がうるさい

ペット可の賃貸物件は、ペットと暮らすことを前提で建てられていないので、犬が走りまわったときに下の部屋まで音が響いてしまうことがあります。

また、吠え癖のある犬だと宅配便や来客に反応し、大きな声で吠え続けてしまうこともあります。とくに飼い主の留守中は、犬がどんな風に過ごしているかは分かりません。

飼い主さんの知らないうちに迷惑をかけてしまっているかもしれませんよね。実際にペットが原因の騒音で眠れず、健康被害をうけたとして訴えられてしまったケースもあるそうです。

臭いがする

ペット可の賃貸物件でペットを飼っている人の中には、ベランダで排泄させている人もいるようです。しかし、オシッコやウンチの強い臭いはとなりの部屋まで届きます。

ひどいケースだと、となりのベランダにオシッコが流れてくることもあるそうです。

また、飼育するペットの数が多ければそれだけ臭いが発生しやすくなります。それに犬であればシャンプーなどのお手入れをしないでいると、やがて体臭となり通路を通ったあとに臭いが残ることもあります。

汚れ

中にはペットの毛が抜けるからとベランダでブラッシングする人もいるようです。しかし、抜けた毛がフワフワととなりの敷地まで飛んでいき、洗濯物が汚れたり、部屋の中に入ってしまうことがあります。

また、廊下や階段、エレベーターの中など共用スペースに排泄物を放置する人もいるそうです。もしかしたらそれに気がついていない場合もあるかもしれません。

排泄物があると良い気持ちはしませんし、放置することで臭いの原因にもなります。また、犬は同じ場所でオシッコをする習性があるので、くせになり何度もするうちに臭いが染みついてしまうこともあります。

マナー違反

ペット可の賃貸物件に住むのは必ずしもペットが好きな人ばかりではありません。その認識をもっていないと、思わぬトラブルに発展してしまいます。

たとえば廊下ですれ違うときに犬が飛びかかり服を汚してしまったり、犬は嬉しくてオシッコをかけたりしてしまいます。

ペット好きならそれも「しょうがない」で済みますが、それがペット嫌いな人だった場合は問題です。そのため、他の住人とは距離を取るなどの配慮が必要です。

たまにノーリードで散歩させている人を見かけますが、いくらペット可とは言っても、それと同じことを敷地内でするのはもってのほかです。

トラブルを防ぐには

ペット可の賃貸物件でのトラブルを防ぐためにできることは何かあるのでしょうか。

ペットの性格や習性を把握しておく

当たり前ですが、犬に「吠えるな」と言っても吠えなくなるわけではありません。とくに神経質な性格の犬だと、引っ越しのストレスでいつもより吠えることがあります。

あらかじめペットの習性や性格を把握しておき、ペット可の賃貸物件への引っ越しが難しそうなら他の方法を考えることも大切です。

また、トイレのしつけや最低限のマナーを知り、ペットを飼う上での常識をしっかり学んでおきましょう。

物件の規約をチェックしておく

ペット可の賃貸物件は「犬〇頭まで」「小型犬まで」などのざっくりとした決まりはありますが、細かいルールなどは設定されていないことがほとんどです。

ペット可だからと部屋の中で鳥を40羽飼育していたケースもあります。それだとさすがに鳴き声もうるさいし臭いもでるし、となりに住んでいると困りますよね。

ペット可の物件でも、ルールが細かく決まっていないとトラブルが起こりやすいのです。ルールが細かいと守るほうとしても面倒くさい気持ちはありますが、トラブルを事前に防ぎ、自分の身を守るためにも大事なことです。

だから、入居前にペット可のルールについて細かくチェックしておきましょう。

隣に住む人への配慮を欠かさない

ペット可の賃貸物件にはペットが嫌いな人がいることも理解しておきましょう。安易に人に飛びつかせない、なめさせないように気をつけてください。

とくに音や臭いが届きやすい隣人への気配りは欠かしてはいけません。上下左右の部屋に人が住んでいるのかをチェックし、隣人の生活パターンを知った上で配慮すればトラブル防止につながったりもします。

ちなみに犬の足音は床に防音マットを敷いておくと多少は軽減されますよ。

ペット可の賃貸物件選びは慎重に

ペット可とは言ってもペットと賃貸物件で暮らすには大変なこともあるでしょう。トラブルがあったときでも対処できる心の余裕をもっておくことが大切です。

一人暮らしで寂しいからと安易に飼うのはおすすめしません。また、ペットと引っ越しを考えている人はペット共生型の物件にしておくか、ペット可の物件のルールをしっかり把握しておきましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット 賃貸

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

犬を飼い始めで心配になることの一つに『お風呂』があります。大事な愛犬のお風呂、温度や入れ方など体の負担も考えながら上手に入れてあげたいですよね。清潔にすることは大事なことですが、注意することもたくさんあります。犬のお風呂と健康を保つコツをご紹介します。


ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ここ最近の日本は、猫ブームと言われ、猫派の人が増えているようです。もちろん単純に猫が好きという人も多いですが、「犬も猫もどちらも好きだけど、犬は散歩しないといけないから・・・」という人も多いのではないでしょうか。ちょっと待ってください。その散歩、実は私たちに大きなメリットになってるんですよ。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。