知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

犬の平均寿命は私たち人間のそれよりもずっと短いものです。それゆえに、密度の濃い時間を一緒に過ごしたいものです。犬の立場から「時間」の使い方を考えてみましょう。


犬の平均寿命ってどのくらい?

犬の平均寿命はその犬種によって異なりますが、一般的には小型犬で12~14年、中型犬で10~13年、大型犬は7~11年くらいだと言われています。
もちろん、寿命は個体差が大きいので大型犬でも15年以上元気でいてくれる子もいます。

犬の年の重ね方も人とは違い独特の加齢の仕方をします。
小型犬は1年目で人間でいうところの20歳になり、次の年は8年プラスされ、その次の年からは4歳ずつ年をとります。
中型犬は、1年目で18歳になり、次の年は9年プラスされ、その次の年からは6歳ずつ年を取ります。
大型犬は、1年目で14歳になり、次の年から1年ごとに9歳ずつ年を取っていきます。
小型犬は加齢の最初の成長スピードが速く、ゆるやかに加速するのに対し、大型犬はゆっくり成長しますが、その後加速度的に加齢していくのがわかります。

また、小型犬・中型犬・大型犬のより細かな犬種の違いによっても、平均寿命は異なります。
昔から、雑種は長生きすると言われることもありますが、雑種は交配の組み合わせによって大幅に寿命が違う場合があります。
日本犬は丈夫な体つきであるため、一般的に日本犬のミックス犬は比較的長生きすることが多いと認識されています。雑種だから長生きするとは言い切れないので注意しましょう。

ちなみにギネス記録は

余談ですが、犬の加齢スピードを考えると、さようならをする日に思いが飛び、胸がきゅっと苦しくなる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
平均寿命はあくまでも「平均」であって、平均寿命よりもずっと長生きをしてくれるスーパードッグもいます。

ギネスブックの長寿犬ランキングによると、1位はオーストラリアンキャトルドッグ(29歳と160日)、2位ビーグル(28歳0日)、3位ウェルシュシュープドッグ(27歳と317日)、4位ボーダーコリー(27歳と211日)、5位ラブラドールレトリーバー(27歳と98日)と続きます。日本で探すと、7位に柴犬ミックスのぷーすけ君の26歳と248日という記録があります。日本にもスーパードッグがいました。

犬にも時間の感覚があるの?

犬には時間の感覚がないという研究者もいれば、そうでないという人もいます。感覚的な問題を他者が判断するのは難しいものです。
ですが、飼い主さんは経験から犬にも時間の感覚があると感じる人が多いのではないでしょうか。
同じ時間になったらお散歩に行こうよと呼びに来たり、お留守番の時間が少し長引いてしまった時は、いつも以上に「おかえり!」の歓迎をしてくれたり、犬の行動には時間と関わりのあるものが多く、時間の感覚をきちんと、むしろ私たち人間よりも正確に感じ取っているようにも見えます。

正確に何時間待った、何日経ったということは分からないにせよ、時間の長い・短いを犬は感じ取っているように見受けられますが、皆さまはどのように想像されますか?

犬の感じる1時間は人間の時間で言うと何時間相当?

犬は私たち人間よりもずっと早いスピードで年齢を重ねていきます。その分、時間の流れも私たちよりもずっと早いスピードで進みます。
私たちの1日は24時間あり、その中で食事をし、働き、眠ったり遊んだり、沢山のことをこなします。

一般的に、犬の1日は7時間が単位だとされています。
朝9時に家を出て、夕方5時頃 家に帰るまで、犬にお留守番をさせたとします。それは、私たちで例えると、丸1日以上独りぼっちで外出することもなく、家の中で待たされているのと同じです。お散歩の時にしかトイレができない環境であれば、丸1日トイレを我慢することに相当します。
私たちが外出している時、犬は私たちが何をしているかを知りません。何時に帰ってくるかも、本当に帰ってきてくれるのかも不安なのかもしれません。

そんな風に、犬が体感している時間の感覚に思いを巡らせてみると、帰宅した時に犬がこれでもかというほど「おかえり!」と歓迎してくれるのも理解できます。
お留守番をさせることは、私たちが生活していく上で仕方がない部分もあります。だからこそ、一緒に居る時は、存分に甘えさせてあげたり、撫でてあげたり、愛情をもって接していくことが大切なのではないでしょうか。

雨の日のお散歩は、レインコートを着せたり、帰ってからのお世話もあって、本当に面倒に感じてしまうことがあります。
ですが、犬時間を理解してあげることで、お散歩をさぼらず、雨の日でも重い腰をあげてでかけてあげようという気になれます。

私たちの生活は大変忙しいものですが、1日かまってあげられないでいると、犬にとってはそれは約3日であり、2日連続でお散歩に行けない日があると、それは私たちが約1週間外出をしなかったのと同じことになります。
犬が感じるストレスをほんの少し分かってあげられるような気がしませんか?

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


飼い方 寿命

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ワイルドでセクシーな見た目のベンガル。性格も野生的なのかと思いきや、キュートで賢い猫種なんですよ。最近ではベンガル専門の猫カフェが出来たり、ペット番組でも必ず登場しちゃう人気者!そんなギャップを楽しめる可愛いベンガルちゃんのご紹介をしていきます。


ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

水難救助犬として有名な、ニューファンドランド犬。家庭での飼育のポイントは?しつけはどうすればいい?どんな性格なの?家族として迎え入れる前に知っておきたい情報をご紹介します!


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。