愛犬の落ち着きがなくウロウロしている…どんな原因が考えられるの?

愛犬の落ち着きがなくウロウロしている…どんな原因が考えられるの?

愛犬の様子が普段と違ったら、何が起きたのか不安に思ってしまいますよね。愛犬の妙な行動の中でも、落ち着かず、そわそわと動き回るようになるのは、精神的なものから病気までさまざまな理由が潜んでいます。愛犬がそわそわした様子があったら、状況に合わせた対処を行いましょう。


原因1.ストレスや不安などの精神的なもの

考えられるのが、何らかの原因によって強いストレスや不安を感じていること。たとえば、引っ越しして間もなくや家に知らない人がいるなど、普段と環境が変わると落ち着かず、そわそわとする犬が多いです。

寝る場所がうまく決まらず寝床を何回も変えたり、ひたすらうろうろと歩き回ったりする時は、何か不安を感じている可能性があるので、様子を観察してみましょう。

■対処法

愛犬が感じる不安やストレスの原因を取り除いてあげましょう。引っ越しの場合は愛犬が落ち着けるよう、飼い主の匂いがついた服やおもちゃを寝床に置いてあげ、いつでも気配を感じられる環境を作るのがおすすめです。

また、不安を感じている時はできるだけそばに寄り添い、体をなでたりマッサージをしたりして、体の緊張をほぐしてあげるのも効果的。

部屋中をうろうろと落ち着かないようだったら、気分転換に外へ散歩に連れ出すのも良いでしょう。お気に入りのおもちゃで遊んであげるなど、不安の原因から気を逸らせるように飼い主が働きかけると、愛犬の様子が落ち着くことがあります。

原因2.副甲状腺機能低下症

副甲状腺機能低下症は、喉付近になる副甲状腺から分泌されている副甲状腺ホルモンが、何らかの理由で働きが弱まっている状態のこと。この副甲状腺ホルモンは、血液中のカルシウムを増やす働きがあり、骨や胃腸、腎臓などを健康に保つために欠かせません。

副甲状腺機能低下症になると、犬が常にそわそわと落ち着かなくなったり、神経が過敏になったりして、ちょっとした物音に怯えて吠え立てる症状が見られます。

他にも、血液中のカルシウムが減少することで、筋肉がけいれんする全身性テタニーといった状態も見られます。てんかんほど激しくなく、筋肉のけいれんや収縮が周期的に繰り返されるのが特徴です。

■対処法

副甲状腺機能低下症は、まず不足したカルシウムを補給してあげることが先決です。治療法としては、動物病院でカルシウム溶液の点滴を行い、その後カルシウム剤やビタミン剤と言った栄養の補給を薬で行って治療していきます。

愛犬が急にそわそわするようになった、震えやけいれんの症状が見られるような場合は速やかに病院へ連れて行き、適切な処置を受けましょう。

原因3.体調不良で体の痛みを感じている

犬は人とくらべて痛みに強く、あまり表情や行動に体調不良の兆候を見せません。しかし、強い腹痛や胸痛などの症状が起きると、痛みを何とかしようとうろうろと動き回る状態が見られます。

特に腹痛の場合は尻尾が垂れ下がり歩き回る症状が特徴で、胸痛など体の中心が痛む場合は背中が丸まり体をかばうような姿勢で動き回ることがあります。

■対処法

突然ぐるぐると動き回るようになった、どことなく様子がおかしいといった以上を察知したらすぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。昨日まで元気でも、以前から命の危険が及ぶような病気になっている可能性もゼロではありません。

普段から愛犬の様子をよく観察し、落ち着きがない症状が見られたら早めに気づいてあげられるようにしたいですね。

原因4.認知症の徘徊行動

愛犬が8歳以上の高齢になった場合、認知症になる可能性が高くなります。認知症は人と同じく、周りの状況がわからず徘徊を繰り返す行動が見られます。特に同じ場所に円を描くようにして細かくクルクルと回転する行動は、認知症の可能性が考えられます。

認知症は脳が退化していき、このような体の動きの制御ができなくなる状態。そのため、クルクルと落ち着きがなく回転する症状が見られたら認知症かどうかの診断を受けましょう。

■対処法

認知症そのものを完治させる特効薬は残念ながらありませんが、普段の生活習慣を改善することで進行を遅らせることができます。たとえば、日光浴をさせて体内のセロトニンを分泌させ、体内時計を整えてあげることや、おもちゃで遊んで脳にこまめに刺激を与えることで、脳の退化を遅らせられます。

また、早期の段階で認知症に気づければ、投薬によって症状が和らぐことも。認知症の診断を受けたら早めに治療を開始して、老犬の健康管理に気を配ってあげましょう。

まとめ

落ち着きがなくなるのは、愛犬にとって何らかの精神的肉体的苦痛を訴えているサインでもあります。まずはむやみに叱らず、どうして落ち着きがなく、そわそわしているのか原因を探ってみましょう。

精神的な不安などでない場合、病気の可能性も潜んでいるので動物病院で検査を受けるのがおすすめです。ちなみにうろうろする様子を動画で撮影しておくと、獣医に状況が伝わりやすいので、診察の前に愛犬の状態を記録しておきましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ストレス 認知症 症状

関連する投稿


愛犬の夜泣きの原因。子犬、成犬、老犬によっての対処のしかた。

愛犬の夜泣きの原因。子犬、成犬、老犬によっての対処のしかた。

一日が終わってぐっすり眠ろうと布団に入ったのに、愛犬がキャンキャンと吠えてしまうことがあります。これを犬の夜泣きと言い、毎日続くと周りの家に迷惑がかかったり飼い主自体が寝不足になったりする原因に。どうして犬は夜泣きをしてしまうのでしょうか?今回は、犬の夜泣きの理由とその対処法をご紹介いたします。


愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

犬は毎日の散歩がなによりの楽しみ。飼い主さんにとってもお散歩は、犬との暮らしの醍醐味です。そんな楽しいお散歩にもマナーがあり、愛犬の体力や性格に応じた頻度やペースがあります。ご近所トラブルや思わぬ事故に遭わないようしっかりとマナーを守り、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、快適で健康的な散歩となるようにしましょう。


「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


うちの子はおかしい?犬が草をパクパク食べる理由と注意すべき点

うちの子はおかしい?犬が草をパクパク食べる理由と注意すべき点

愛犬と外を散歩中に、グイグイと草のある方へ引っ張られることはありませんか?何をするかと思いきや、草をパクパク!「草なんか食べて」と不思議に思う飼い主さんも多いと思いでしょう。今回は犬が草を食べる理由と注意すべき点をまとめてみました。


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?