トリミングサロン料金の相場ってどれぐらい?節約する方法はある?

トリミングサロン料金の相場ってどれぐらい?節約する方法はある?

トリミングサロンを利用したい!でも料金はどれぐらいかかるんだろう…。少しでも料金を節約する方法ってある?そんな人のために今回は、トリミングサロン料金の相場と節約方法をご紹介したいと思います。


愛犬をトリミングサロンに出してみたい!

トリミングサロンと聞くと小型のカット犬種が通うイメージかもしれません。

でも、中型犬の柴犬や、大型犬のゴールデンレトリーバーなど実にさまざまな犬種がトリミングサロンを利用していますよ。

とくにカットの必要がない犬種でも、シャンプーをして抜け毛を除去するだけで見違えるほど美しくなります。

サロンは基本的に、混合ワクチンと狂犬病のワクチン接種が終わっていて、人に対する攻撃性がなければどんな犬でも受け入れ可能です。

うちの犬も利用してみたいけど、トリミングの料金ってどれぐらいかかるんだろう。そんな人のために、まずはトリミングサロン価格の相場をご紹介したいと思います。

トリミングサロンでは何をするのか

トリミングサロンのコースは主に、シャンプーコースとトリミングコース(カットコース)の2種類があります。

シャンプーコース

・爪切り
・部分バリカン(足裏・お腹)
・耳そうじ
・肛門腺絞り
・シャンプー

トリミングコース(カットコース)

・爪切り
・部分バリカン(足裏・お腹)
・耳そうじ
・肛門腺絞り
・シャンプー
・全身カット

そして最後にリボンやチョーカーなどの飾りをつけて仕上がりとなります。しかし、お店によって多少の違いはあるかもしれません。

不安な人はサロンを利用する前に問い合わせておくと良いでしょう。

犬種や大きさで変わるトリミング料金の相場

トリミング料金は犬種や大きさ、またはお店によって変わります。

シャンプー料金の相場

・小型犬 3,000円~4,000円

・中型犬 4,000円~6,000円

・大型犬 6,000円~10,000円

・超大型犬 10,000円~18,000円

トリミング(カット)料金の相場

・小型犬 5,000円~8,000円

・中型犬 6,000円~9,000円

・大型犬 10,000円~18,000円

どうしてサロン料金に差が出るの?

トリミングサロンの料金は

・毛の長さや質
・体の大きさ
・もつれ・毛玉の有無

によって変わります。

一般的に毛が長い犬や、体が大きい犬は料金が高い傾向にあります。

たとえば、スムースコートチワワよりもロングコートチワワの方が料金は高いことが普通です。また、プードルのようにクルクルの特殊な毛質は割高です。

そして体の汚れ具合やもつれ・毛玉の有無によってもプラス料金が発生します。

もつれ・毛玉料金の相場はトリミング料金に上乗せで500円~となります。全身にひどいもつれがあり、刈らずにほぐしたい場合は2,000円以上かかることもあります。

また、トリミング料金はサロンの立地でも変わります。たとえば、地方と都会では都会の方が割高ですし、都会の中でも地価が高い場所にあるサロンの料金は高めです。

雑誌に載るカリスマトリマーを指名した場合は相場よりも高くなるでしょう。

トリミングサロンの料金を節約する方法

トリミングサロンの料金を少しでも節約したいと思う人は多いはず。とくに毎月サロンに通っている人なら1年間で結構な額になりますよね。

トリミングサロンの料金を節約する方法は主に3つあります。

サロンの会員になる

トリミングサロンの中には「会員制」を導入しているところがあります。年会費がかかりますが、1回あたりのトリミング料金がかなり安くなるので、頻繁に通いたい人に最適です。

ただ年会費は先払いなので、途中で通わなくなったり、引っ越しが多かったりすると損してしまう可能性もあります。

初めて利用するときはあえて会員にならずにサロンの雰囲気や様子を見ておくと良いでしょう。

自分でカットする

自分でトリミングできれば最強の節約になります。トリミングの道具は、プロが使うものをインターネットですべて調達できるので、始めようと思えばすぐに始められます。

ただ、事前にカットに関する知識や、カットのやり方を覚えておく必要があります。それに初めてトリミングをする場合は思った以上に時間がかかるでしょう。

仕事として成り立つということは、やっぱりそれだけ大変だということです。それに道具の扱いに慣れていなければケガをさせてしまう可能性もあります。

また、自宅カットでトリミングに対して嫌なイメージがついてしまい、いざサロンに行ったときに嫌がってしまうこともあります。

ただ、犬の性格によっては飼い主さんがカットすることで安心します。臆病な犬は時間がかかっても自宅でカットした方が良い場合もあります。

専門学校でカットモデルをする

トリミング専門学校のモデル犬としてカットしてもらう方法もあります。トリマーになるためには色んな犬種のカットを幅広く学ばなくてはいけません。

どの専門学校でもモデル犬は一定数確保しておく必要があるため、料金は安いのに、仕上がりはサロンでのカットと何ら変わらないことがメリットです。

カットモデルの相場は、小型犬なら2,000円程度。中型犬や大型犬でも相場の半額以下でカットしてもらえます。また無料で送迎のサービスをしている学校も多いので、わざわざ連れていくこともありません。

ただ、トリミングに慣れていない1年生だと、午前中から始まって夕方に終わるなど、時間がかかるので犬に負担がかかるかもしれません。

また、ケガをする可能性も否めません。とくに爪切りで出血させる確率は高いでしょう。

しかしカットモデル犬がいなければ未来のトリマーを育てることはできません。それに、カットする生徒たちはとても純粋。愛犬を大切に扱ってくれるはずですよ。

愛犬にとってベストな選択を

人間よりも高いトリミング料金。最初はびっくりしてしまうかもしれません。しかしトリミングはそれなりに時間がかかる仕事です。

自分でやると時間と手間がかかりけっこう大変。当たり前ですが、経験豊富なプロに任せたほうが犬の負担は軽くなります。

愛犬の性格やトリミングに出す頻度などを考えて、最適な選択をしましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


トリミング 料金 価格

関連する投稿


トリマーと上手にコミュニケーションをとる方法【トリミングの意思疎通大切】

トリマーと上手にコミュニケーションをとる方法【トリミングの意思疎通大切】

いつもとカットが違う、うちの子は大人しくしているかしら、などトリマーへの不満や不安を感じたことはありませんか?そこで、お互いの意思疎通をスムーズにするための上手なコミュニケーション方法を、現役トリマーがご紹介します。


【部分カット】トリミングの間に伸びてきた毛を自宅でカットしよう

【部分カット】トリミングの間に伸びてきた毛を自宅でカットしよう

伸びるのが早く、生活の邪魔になりやすい目元やお尻の毛。体の毛は切る必要がないのに、サロンに連れて行くのは少し面倒ですよね。それなら、自宅で部分カットに挑戦してみませんか?今回は基本的な道具の使い方やカットのやり方をトリマー目線でご紹介します。


体の異常を察知!トリマーがチェックするヘルスケアのポイント

体の異常を察知!トリマーがチェックするヘルスケアのポイント

トリマーはシャンプーやカットをするだけではありません。犬の体におこる異常を早めに発見し、病気を防ぐという重要な役割も担っています。そこで今回は、トリマーが普段チェックしているヘルスケアのポイントをご紹介したいと思います。


トリマーっていつからいるの?トリミングの歴史について。

トリマーっていつからいるの?トリミングの歴史について。

今や人気の職業となったトリマー。しかしトリマーはペットの存在なしではなり得ません。トリミングが仕事として成り立つようになったのはいつ頃からなのでしょうか。今回はトリマーの歴史についてご紹介します。


トリマーが教える!ポメラニアンの全身カットの種類とポイント

トリマーが教える!ポメラニアンの全身カットの種類とポイント

豊かな被毛と愛らしい瞳で人気のポメラニアン。最近では柴犬カットやライオンカットが流行しています。でも、安易に全身の毛をカットしてしまうと後悔することにもなりかねません。そこで今回は、ポメラニアンのカットの種類や注意点について、トリマー目線で解説したいと思います。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。