インコと一緒に旅行できる? 移動の際のポイント

インコと一緒に旅行できる? 移動の際のポイント


1泊程度なら一緒に旅行できる

旅行の予定が入った際、かわいがっているインコをどうすればよいか心配になりますね。若く健康なインコであれば、1泊程度の旅行に連れて行くことも可能です。近年はペットブームの影響で、犬や猫だけでなくセキセイインコなどの小動物も一緒に泊まれる宿が増えました。目的地に合わせて宿泊先を探し、1羽あたりの金額や設備などの情報もインターネットでチェックしておきましょう。しかし、インコにとって環境の変化はストレスになるので、念のため宿の周辺の動物病院も調べておくと安心です。旅行のスケジュールは余裕を持って考え、インコを無理に連れ回さないようにしてくださいね。

インコと一緒に旅行に行くときは、専用のキャリーとバッグ、餌や水、必要であればおやつや野菜、敷き紙、いつも遊んでいるおもちゃ、温度計などを用意します。小動物用のプラスチックケースでも移動できますが、中に止まり木を設置してインコが休めるようにしてあげましょう。キャリーやケースで旅行をする際は、出発の数日くらい前からインコを中に入れて慣らし、数時間ずつ滞在の時間を増やしながら体調に変化がないか観察しましょう。インコがキャリーやケースに慣れず、移動が難しいようなら無理に連れて行かない選択も必要です。

また、幼いヒナや老鳥、病気を患っているインコは、家以外での体調管理が難しいために旅行はおすすめできません。愛鳥を家で留守番させるポイントは、後の項目でお伝えします。

インコと移動する方法とそのポイント

次に、インコと一緒の旅行で移動をする際のポイントをご紹介します。旅行中のインコの移動手段としては、自動車がおすすめです。自家用車を利用する場合は、いつも生活しているケージを積むこともできます。ブレーキの際に倒れないよう、キャリーやケージは膝の上に乗せるかシートベルトなどで固定して運んでくださいね。旅行先でレンタカーを借りる場合やタクシーを利用するときは、ペットの同乗ができるか確認しましょう。

車の移動であれば時間を気にせず自由に休憩が取れる上、餌や水の補給も可能です。ただし、休憩時には車の窓やドアの開閉に気を付け、くれぐれもインコが車外に出ないようにしてくださいね。

路線バスでは、指定された大きさ以内のキャリーに入れれば乗車ができますが、高速バスは運営会社によって決まりが異なるため問い合わせてみましょう。電車もキャリーに入れれば同乗が可能ですが、一部の路線では手荷物の料金がかかるので調べてみてください。飛行機の移動の場合、国内の主要航空会社はペットを貨物室で運ぶ形になり、格安航空会社ではペットの同乗や預かりを行っていません。

旅行などでインコを移動する際は、温度管理も大切なポイントです。特に、アフリカ原産のコザクラインコや南米原産のマメルリハは寒さが苦手です。寒いときには羽を膨らませるのでよく観察し、冬場は20度を切らないように使い捨てカイロなどを持参しましょう。

なお、使い捨てカイロは発熱時に酸素を必要とするため、密閉した空間では使用せずキャリーの外側に添えて保温します。また、真夏の旅行では28度くらいを限度とし、直射日光に当てたり車内に放置したりして熱中症にならないよう気を付けましょう。冬でも温めすぎると熱中症になる可能性があるため、キャリーには温度計を設置し、常に温度と体調に気を使いながら移動してくださいね。

旅行中はインコにとって普段と違う生活になるので、なるべく移動時間は少なくする配慮も大切です。キャリーやケージには、周囲が見えないようにカバーや布を被せるとインコが落ち着きます。移動中は時々飼い主が顔を見せて声を掛け、揺れや音による不安を軽減させましょう。宿で部屋に案内されたら放鳥してもよいですが、インコが疲れているようなら静かに休ませます。また、外出先では必ずしも動物が好きな人ばかりではないので、周囲を気遣う配慮も忘れないようにしましょう。

留守番させるときの注意点

最後に、インコを旅行に連れて行かずに家で留守番をさせる際の注意点をご紹介します。インコが毎日生活している場所でも、飼い主の不在で寂しがる可能性や、事故が起こる危険性も考えられます。留守にするのは1泊くらいを限度とし、なるべく早く帰宅しましょう。先述したように、インコの温度管理は大切なため留守中もエアコンやヒーターなどで適温を保ちます。ヒーターの近くに紙やビニールなどの燃えやすいものがないか、ケージ内に紐などの絡まりやすいものがないか確認してくださいね。エアコンは直風が当たらないように気を付け、夏場は冷えすぎないようにしましょう。

殻付きの餌は、食べ終わった殻が混ざって餌が探しにくくなるため、いつもより多めに入れ複数の場所に設置するとこぼれたときも安心です。水も数箇所に設置しておくのが理想ですが、新鮮な水を補給できる給水器もあるので前もって試してみるのもよいでしょう。留守中は昼夜の区別がわかるように照明を消しておきますが、真っ暗を怖がるインコの場合は1箇所だけ間接照明などを点けて行くのもよいかもしれません。また、タイマー付きの照明や、留守中の様子を確認できるカメラを用意して留守に備える飼い主もいます。

インコが1人で留守番をするのが心配な場合は、家族や友人宅に預けるか、世話に来てもらうよう頼む方法もあります。近年ではペットシッターに依頼する人も増えていますが、申し込みの際は契約事項をよく確認してから利用しましょう。旅行が数日以上になるときには、信頼できるペットショップや動物病院に併設されたペットホテルに預ける選択もあります。特にヒナや老鳥、病気を患っているインコの留守番は、飼育の経験がある人に頼むと安心です。

まとめ

今回は、インコと旅行に行く際と移動時の注意点、旅行に行かず留守番をさせるときのポイントをご紹介しました。飼い主は旅行が楽しくても、インコにとって普段使用しないキャリーや交通手段、見慣れない場所はストレスになることを覚えておきましょう。インコの体調を見ながら、くれぐれも無理をさせないようにしてくださいね。留守番をさせるときは、温度管理と餌や水の他、事故が起きないよう配慮も必要です。今後もインコとの生活が楽しめるように、この記事が役に立てば幸いです。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット インコ 旅行