ペット旅行の注意点!移動やホテル宿泊の際に気を付けたいこと

ペット旅行の注意点!移動やホテル宿泊の際に気を付けたいこと

ペット旅行の基本として、交通機関やホテル宿泊などにおいて「ペットのしつけができている」というのが前提となります。 「ペット可能」となっていても、しつけがなっておらずに大事故に繋がる可能性が想定されるなら利用を拒否されるので、まずはここをしっかりと覚えておいてください。


「しつけの基準や判断は?」というのは明確な線引きがなく、他人に迷惑がかかるかどうかが大きなポイントです。
ワクチン対策がバッチリでも他人を噛む恐れがあるなら「利用不可になる」という考え方が無難です。

交通機関での移動時の注意点

交通機関を使ってペット旅行をするとき、タクシーやバスなど様々な乗り物を利用することになります。

「ペットも乗車できる?」という疑問に関しては、基本的に各サービスによるため、あらかじめ確認しておくことが必須です。

例えば、「犬はOK」となっていても、小型犬や中型犬は乗車可、大型犬は乗車不可といったケースもあります。

タクシー

ペット旅行でタクシーを利用するときは、最初にペットの詳細を伝えて利用可能かどうかを確認しましょう。
タクシーは個人乗車として利用できるので、周囲への配慮を踏まえると最も利用頻度が高い交通手段となります。
乗車してから注意しておくべきことは、トイレの対処です。中型犬や大型犬などゲージなしで乗車する場合、ペットがもよおしたときにビニールなどで対処できる準備を整えておくか、あらかじめ散歩をしてトイレを済ませておく方が良いです。

バス

ペット旅行でバスを利用するときは、こちらも最初に利用の可否を確認しましょう。
バスは周囲への迷惑とならないように配慮することが注意点です。その他、トイレへの対処が最大のポイントとなるので、あらかじめトイレを済ませてから乗車する方が無難でもあります。

電車

ペット旅行で電車を利用するときは、こちらも最初に利用の可否を確認しましょう。
電車も周囲への迷惑とならないように配慮することが注意点です。また、トイレ対策も同様です。

飛行機

ペット旅行で飛行機を利用するときは、こちらも最初に利用の可否を確認しましょう。
飛行機の場合、基本的にペットは荷物として輸送されるので、意外と注意点はありません。トイレなども想定してサービスが提供されているので、飼い主としては電車やバスとは違って周囲に対する配慮などがないことからも神経質にならなくて済みます。

ペット旅行で船を利用するときは、こちらも最初に利用の可否を確認しましょう。
船はゲージ必須となっているところが多いため、ゲージにペットを入れることからも大きなトラブルになることは少ないです。
最近はドッグラン設置のフェリーがあるなど、サービスが多様化しています。飛行機と同じようにサービスが充実している大型船なら安心しやすいですが、そうでない場合は周囲への配慮が強く求められます。

マイカーの移動における注意点

マイカーでペット旅行するときは、これといって注意点はありません。
トイレ対策についても自由に車を止めることができるので、対処しやすい利点があります。

なるべく高速道路は使わないこと

マイカーは自由が利くことからも特別な注意点というのはありませんが、高速道路を長時間利用するのは避けておく方が良いです。
下道ならいつでも車を停車させることができますが、高速道路は路肩があるところやサービスエリアでなければ基本的に車を止めることができません。
無理をして車を止めると事故になる可能性があるので、柔軟にトイレ対策を取るという意味では下道がおすすめです。

ホテルや旅館に宿泊する際の注意点

ペット旅行でホテルや旅館に宿泊するときは、まず利用条件を確認することが大切です。

基本的に電話やネットから予約を取る流れとなるため、この時点でペット宿泊に関する注意事項を見ておきましょう。

ワクチン証明書は必須

ほとんどの旅館やホテルは、犬の宿泊に関して狂犬病のワクチン証明書が必須となっています。これは犬を飼う際のルールとして狂犬病のワクチン注射は義務化されているので、狂犬病の注射をしたら証明書を取っておきましょう。

また、狂犬病以外にもそれぞれの旅館やホテルが指示するワクチン注射の証明書が必要となることがあるので、こちらも合わせて確認しておかなければなりません。

ペットの留守番がOKかどうか?

館内におけるペットのリード可否、あるいはペットが移動できるエリアなど、こうした詳細は旅館やホテルによって異なるので、事前に確認してルールを守りましょう。
実際に旅館やホテルに宿泊してから気づくこととしては、ペットの留守番ができるかどうかという点があります。
宿泊先によってはペットを一時預かりしてくれるところがありますし、完全に留守番禁止となっているところもあります。
もし、宿泊先の周辺施設をペットなしで周りたいなら、ペットを預けられる旅館やホテルを選ぶようにしましょう。

宿泊先はOKでも交通手段がない・・・

これはかなり特殊なケースですが、離島の旅館やホテルにペット旅行する際に宿泊先に問題がなくても、そこへ行くまでの交通手段として飛行機や船を利用できない可能性があります。
特に大型犬や犬以外のペットを連れていくなら、入念に交通機関の情報を調べておきましょう。

ペットの種類と犬のサイズ

ペット可の旅館やホテルは、それぞれの施設によってどんなペットが宿泊できるのか対応種が異なります。
日本でペットといえば「犬」か「猫」ですが、「小鳥」や「うさぎ」なども宿泊できるところもあります。

また、犬についてはサイズによる対応可否があり、「小型犬」は業界全般として「ペットOK=小型犬」というところが多く、都心部のど真ん中にあるヒルトンホテルなどでも宿泊できるほどです。
一方、「中型犬」は小型犬よりも対応しているところが少なく、「大型犬」はさらに少ないです。
広大な大自然の中にドッグラン併設として運営している旅館やホテルになるほど、大型種にも対応しているところが多い現状があります。

この現状からすると、小型犬は都会へもペット旅行しやすいですが、中型犬や大型犬はアウトドアの方が向いています。

これだけは持っていくべきものは?

ペット旅行に向けて準備しておきたいリストは以下です。

・狂犬病の証明書
・利用先が求めるワクチン証明書
・市区町村の登録証
・ゲージ
・首輪&リード
・タオル
・えさ
・ビニール袋

特に様々なシチュエーションを想定すると「タオル」と「ビニール袋」は、いかなる状況でも大量に持参しておく方が便利です。

「えさ」や「お皿」に関しては、宿泊先によっては用意してもらえるので、これは旅館やホテルを決める際に確認しておきましょう。

まとめ:ペットに対する考え方は人それぞれ

世間には「犬が好きな人」と「犬が嫌いな人」がいますが、ここがペット旅行の最大の注意点でもあります。

最近は東京などの大都会でもペット同伴で宿泊できるところが増えていますが、旅行計画によっては肩身の狭い思いをすることもあり得ることは念頭に置いておきましょう。
一般的にペット同伴で電車やバスなどの交通機関を利用している方はほとんど見かけませんが、それは上記のような認識や概念を持っている人が世の中に多いからです。

「ペット可のサービス内」においては一切問題ありませんが、そこから一歩でると自由が利かなくなります。
そう考えると、ペット旅行は車で行く方が快適であり、旅先はペット旅行の定番スポットやアウトドア路線で選ぶ方が有意義に過ごしやすいと言えます。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター