インコからペンギンまで! 東京でおすすめの鳥カフェ3選

インコからペンギンまで! 東京でおすすめの鳥カフェ3選


【小鳥たちとまったりコーヒータイム】ことりカフェ

●ことりカフェの特徴
小鳥たちを眺めながら、ゆったりとしたカフェタイムを楽しんだり、小鳥たちと触れ合ったりするためのカフェです。東京には上野本店と吉祥寺店と巣鴨店があり、大阪にも心斎橋店があります。なお、上野本店は、もともと表参道にあった店舗が移転したものです。

ドリンクやフードにもこだわりがあり、美味しいドリンクやスイーツ、フードなど、小鳥をモチーフにした見た目にも可愛らしい食事を楽しめます。アルコールの取り扱いもあります。衛生面から、店内で放し飼いはしていないのですが、人慣れした小鳥たちと触れ合うための別室があり、そちらでふれあいタイムを楽しむことができます。

また、店内にはことりグッズも販売していて、小鳥のイラストの入ったおしゃれな雑貨を購入することもできます。小鳥を飼っている人のための飼育用品も販売しているので、スタッフに相談しながら購入することができます。

●どんな人におすすめ?
小鳥を眺めたり触ったりするだけでなく、小鳥モチーフの食事や雑貨を楽しみたい人におすすめです。雑貨の買い物だけの入店もOKなので、その場合は食事のために並んでいる人たちの列に並ばずに入店することができます。

●基本情報
▽上野本店
・名称:ことりカフェ 上野本店
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:不定休(店舗にご確認ください)
・料金: ふれあい5分500円 フード&ドリンクはメニューにより違います
・住所: 東京都台東区上野桜木1-8-6
・アクセス: 東京メトロ千代田線根津駅より徒歩8分
・電話番号:03-6427-5115
・公式サイト:http://ueno.kotoricafe.jp/

▽吉祥寺店
・名称:ことりカフェ 吉祥寺店
・営業時間:10:30~18:00
・定休日:不定休(店舗にご確認ください)
・料金: ふれあい有料 フード&ドリンクはメニューにより違います
・住所:東京都三鷹市下連雀1-14-7 ビューノ三鷹の森 1F
・アクセス:吉祥寺駅・三鷹駅から徒歩15分
・電話番号:0422-29-9224
・公式サイト:http://kichijoji.kotoricafe.jp/

▽巣鴨店
・名称:ことりカフェ 巣鴨店
・営業時間:月~木、日、祝日、祝前日: 11:00~19:00 (料理L.O. 18:30)
金、土: 11:00~19:00 (料理L.O. 18:30) 19:30~21:30
・定休日:不定休(店舗にご確認ください)
・料金: ワンドリンク制(2杯目以降は半額) ふれあい5分500円
・住所: 東京都豊島区巣鴨3-18-13 メゾンドカメリア1階
・アクセス: 都営三田線巣鴨駅A3出口から徒歩5分
・電話番号:03-6903-5084
・公式サイト:https://kotoricafesugamo.owst.jp/

【鷹や隼好き集まれ!】鷹匠茶屋

●鷹匠茶屋の特徴
2011年に開店した鷹匠歴40年の鷹を愛してやまない店主のいる鷹のいるカフェです。井の頭公園の近くに位置するのですが、その周辺は、かつて徳川将軍家や御三家が鷹狩をおこなった村が集まっていて、「三鷹」という街の名前も、それに由来しているそうです。

また、井の頭公園の中には、三鷹の森ジブリ美術館もあるので、ジブリファンなら合わせて訪ねるのにちょうど良いでしょう。

鷹匠茶屋の店主は、7羽の鷹を飼っていて、店内では、そのいずれかの鷹を見ることができます。カフェスペースの隣にあるガラス張りの部屋で、鷹たちがくつろいでいて、それを眺めながらコーヒーや食事を楽しむことができます。

カフェスペースには、鷹などの猛禽類をモチーフにしたインテリアがセンス良く飾られていて、自分で飼っている鷹を連れていって交流を図ることができるので、運が良ければ、店主の鷹に加えて、他の誰かが連れてきた鷹も見ることもできます。

鷹を間近で見ることのできるカフェは世界的にも珍しく、世界中の観光スポットを掲載する「トリップアドバイザー」という情報サイトにも紹介されています。世界の鷹匠たちの注目も集めるカフェなので、海外の鷹匠たちも訪れることが多いようです。

開店以来変わらないメニューは、「ハリスカレー」や「イーグルジンジャー」、「ピリ辛ペレグリン」といった、猛禽類にちなんだネーミングで親しまれています。定休日のほかに、狩猟期などに休業することもあるので、訪ねる際は店に確認することをおすすめします。また、満席で入店できないこともあるので、電話で予約してから訪ねたほうが良いでしょう。

●どんな人におすすめ?
鷹を飼っている人はもちろん、鷹を間近で見てみたいと思う人にもおすすめです。鷹を間近で見ることのできるカフェは世界的にも珍しいので、興味がある人は、一度訪ねてみるのも良いでしょう。

●基本情報
・名称:鷹匠茶屋
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:月曜日、火曜日(月曜日が祝日の場合は営業、ただし水曜日を休業)
・料金: 価格帯550円~1,000円
・住所:東京都三鷹市下連雀5-1-8
・アクセス:吉祥寺駅からバスで10分、又は徒歩20分
      三鷹駅からバスで10分、又は徒歩25分
・電話番号:0422-57-7762
・公式サイト:https://falconerscafe.web.fc2.com/

【愛らしいペンギンに会いに行こう】ペンギンのいるBAR

●ペンギンのいるBARの特徴
つがいのペンギンが2組の4羽と、赤ちゃんペンギンが1羽います。赤ちゃんはまだ生まれたばかりなので、お客さんとの対面はまだで、スタッフや両親ペンギンがお世話をしているようです。

店内は細長く、入り口から入った奥に、ガラス張りのプール付きペンギンスペースがあって、ペンギンたちが元気に暮らしています。アルコールや食事を楽しみながら、ペンギンは自由に見に行ったり撮影(フラッシュは禁止)したりできます。

ペンギンコースや女子会コース、学生プランなど、さまざまなコース料理も用意されていて、ヘルシーな食事からボリュームたっぷりなメニューまで、さまざまなものがあります。もちろんペンギンモチーフのドリンクやフードもあり、ペンギンづくしで楽しむこともできます。

●どんな人におすすめ?
女性客やカップル客に人気のようです。コースターやおしぼりにまでペンギンにこだわっていて、ペンギン好きな人にはおすすめです。座席数は60席なので、ちょっとしたパーティーにも使えます。池袋でパーティーを開催するのなら、ペンギンのいるBARもおすすめです。

●基本情報
・名称:ペンギンのいるBAR
・営業時間:月曜~木曜日 18:00~26:00
金曜日、土曜日18:00~27:00
日曜日18:00~26:00
・定休日:年始以外無休
・料金: チャージ料800円
・住所:東京都豊島区池袋2-38-2 COSMY1ビル
・アクセス: JR池袋西口から徒歩8分
・電話番号:03-5927-1310
・公式サイト:https://www.penginbar.jp/

まとめ

小鳥好きの人は「ことりカフェ」に、鷹好きの人は「鷹匠茶屋」に、ペンギン好きの人は「ペンギンのいるBAR」に、といいたいところですが、どの店も、それぞれ特徴があって甲乙つけがたく、行ってみて損のない楽しく素敵な店です。インスタ映えも狙えるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター