関東でペットとキャンプ!ペット旅行におすすめのキャンプ場5選

関東でペットとキャンプ!ペット旅行におすすめのキャンプ場5選

ペット旅行でキャンプは強くおすすめできます。なぜなら、街中とは違って「ペット利用可」という施設をたくさん見つけることができるため、大自然でのびのびとペット旅行を楽しむことができます。


ACNオーキャン宝島

こちらは栃木県にあるドッグラン完備のキャンプ場です。関東圏にあるペット可のキャンプ場の中でも非常に有名です。

基本情報

オーキャン宝島の基本情報は以下となります。

・名称:ACNオーキャン宝島
・住所:〒329-2216 栃木県塩谷郡塩谷町大字上寺島1436-1
・電話番号:0287-45-2225
・公式サイト:http://www.ocam.jp/index.html

キャンプ場の特徴

オーキャン宝島はレジャー施設としてかなり充実しており、ペットを放し飼いで遊ばせることができる「ドッグランスペース」が完備されているのが最大の特徴です。
他にもオーナーが作り上げたガーデニングを散歩できたり、水遊びができる児童公園があるなど、キャンプ場にあればいいと思う環境がほとんど揃っています。

どんな人におすすめ?

オーキャン宝島はすべての人におすすめです。家族でもカップルでも、あるいはサークルなどの団体キャンプでも、ここへ行けばキャンプを満喫できます。
ゴールデンレトリバーやシベリアンハスキーのような大型犬であっても、区分けスペースがあるので連れて行きやすいです。

選定理由

オーキャン宝島の選定理由は、「ドッグランスペース」がセールスポイントになっているからです。
このドッグランスペースは「大広場」が1つ設置されており、それとは別に30区画の「ドッグフリーサイト」があります。
ドッグランスペースで自由に遊ぶことができれば、川で一緒に釣りを楽しむなど、犬連れキャンプとしては最高のキャンプ場です。

白浜フラワーパーク

白浜フラワーパークは海に面したキャンプ場にプールが完備されており、「ティピ」というインディアンの移動式コテージも楽しめる至れり尽くせりなキャンプ場です。

基本情報

白浜フラワーパークの基本情報は以下となります。

・名称:白浜フラワーパーク
・住所:〒295-0104千葉県南房総市白浜町根本1454
・電話番号:0470-38-3555
・公式サイト:http://flowerpark.awa.jp/summer/about/index.html

キャンプ場の特徴

白浜フラワーパークは海に面しているのにプールがあることです。しかも、野外プールと屋内プールがあります。
ペットは一緒にプールへ入ることができませんが、家族連れの方にとっては好評です。
また、他にもインディアンコテージに宿泊できたり、海を眺めながらのバーベキューなど、キャンプ場としてはかなり設備が充実しています。
さらにコンビニやスーパーも近所にあるので、ペット旅行としても安心です。

どんな人におすすめ?

こちらもすべての人におすすめです。特にペットと一緒に海を楽しみたい方にとっては最高のキャンプ場です。
ただし、区画によってはペット不可なので、宿泊を検討している方はしっかりと確認しておきましょう。

選定理由

キャンプ場といえば「山」&「川」が定番ですが、こちらは海を眺めながらのキャンプを楽しめることが特徴であり、これが大きな選定理由です。
また、都内からも近くて立地条件が良いので、ぶらりとキャンプを楽しめることもおすすめの理由です。

ケニーズファミリービレッジオートキャンプ場

こちらも関東圏におけるペット可のキャンプ場としてはかなり有名です。

基本情報

ケニーズファミリービレッジオートキャンプ場の基本情報は以下となります。

・名称:ケニーズファミリービレッジ
・住所:〒357-011埼玉県飯能市上名栗3196
・電話番号:042-979-0300
・公式サイト:http://www.kfv.co.jp/index.html

キャンプ場の特徴

ケニーズファミリービレッジは川に面したキャンプ場で、夏シーズンは天然プールが開園されます。バスケットボールなどの運動広場からマス釣りまで、総合的に施設が充実していることが特徴です。

どんな人におすすめ?

こちらのキャンプ場は小型犬を飼っている方におすすめです。
ペット可として有名なキャンプ場ではありますが、ドッグランスペースがないので制限が何かと多いです。
川で遊ぶことはできますが、周辺の方への配慮から宿泊施設の周辺を散歩できないなど、しっかりとルールやマナーを把握しておく必要があります。

選定理由

関東圏におけるペット可のキャンプ場としては有名なので、選択肢の一つとしてチェックしておくべきというのが選定理由です。
利用者が少ないシーズンなら融通が利きますが、逆にサマーシーズンは制限がかかってしまうことも想定しておきましょう。

南郡須オートキャンプ場

こちらは「THE・キャンプ場」という言葉がピッタリの必要最低限の施設だけが整っており、星空を満喫したい方におすすめです。

基本情報

南郡須オートキャンプ場の基本情報は以下となります。

・名称:南郡須オートキャンプ場
・住所:栃木県那須烏山市志鳥2947
・電話番号:0287-88-0064
・公式サイト:http://www2u.biglobe.ne.jp/~m_camp/camp.htm

キャンプ場の特徴

キャンプ場の特徴はコテージやトイレなど必要な設備しかないことです。近代的なキャンプ場ではなく、従来からあるような自然をテーマにして自由に楽しみ方を考えるといった施設です。

どんな人におすすめ?

南郡須オートキャンプ場は、これといってペットに関する条件などに明記がありません。そのため、一般的なペットに関するマナーに沿えば、割と自由にキャンプを楽しむことができます。
あれこれ設備が整っているキャンプ場は、やはり周囲への配慮からも制限が掛かりやすいですが、そういった縛りがないことからもペット旅行で選びやすいです。

選定理由

南郡須オートキャンプ場は特別な設備などはありませんが、星空がとてもきれいです。環境庁の「星空の町コンテスト」に入賞した経歴もあるので、夜空を楽しむ目的で検討してみてはいかがでしょうか。

パディントンベアキャンプグラウンド

こちらは神奈川県にある超大型施設のキャンプ場です。

基本情報

パディントンベアキャンプグラウンドの基本情報は以下となります。

・名称:パディントン・ベア・キャンプグラウンド
・住所:〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
・電話番号:042-685-0917
・公式サイト:https://www.pica-resort.jp/paddington/

キャンプ場の特徴

遊園地やワイルドクッキングガーデン、温泉からイルミネーションまで、いわゆるキャンプ場とは一線を画する設備の充実さがあります。
高さ370メートルのマッスルモンスターは、子供から大人までハラハラした体験ができる目玉のアトラクションでもあり、特徴が多いキャンプ場です。

どんな人におすすめ?

こちらのキャンプ場は一見するとペット不可なイメージですが、実はペットも一緒に利用できます。
しかし、5種以上の予防接種やケージ必須など制限が多いので、ここはしっかりと確認しておきたいところです。
また、宿泊においてはドッグラン付きのコテージでなければケージがないので、利用するコテージによってはケージを持参しなければなりません。

選定理由

パディントンベアキャンプグラウンドを選んだ理由は、施設の巨大さに尽きます。
一応はペット利用可能ですし、何よりも他のキャンプ場とは規模が大きく異なるので、工夫次第では想像以上に良い思い出を作れる可能性があります。

■まとめ

大切な家族の一員であるペットとともに、一緒に楽しい思い出を作れるキャンプ場をご紹介しました。最近は、ペットも利用可能なキャンプ場も増えましたが、施設によっては制限を設けていたりするので十分なリサーチをしましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター